スタイルを良くする方法

速筋を鍛えればスタイルは良くなります。

スタイルをよくするとは、簡単に言うと、「筋肉をつけて体脂肪を減らすこと」。

これがカラダデザインの根本的な考え方です。

 

例えば、肩や背中の筋肉を大きくして、お腹周りの体脂肪を小さくすれば、
逆三角形のシルエットが完成します。

 

「原理原則は大体わかる」
「でも、具体的に何をしたらいいのかわからない・・・」
というのが、多くの声のはずです。

 

そこでポイントとなるのが速筋です。

速筋とは

速筋とは、筋トレや短距離のダッシュなどのいわゆる無酸素運動で鍛えられ、
大きくなる筋肉です。

 

逆に、遅筋とは、ジョギングなどの有酸素運動で鍛えられる筋肉で、
脂肪を減少させることができます。

 

しかし、どんなに運動量を増やしても、筋肉そのものはあまり大きくならないのです。

 

マラソン選手の体を例にすると、その違いははっきりとわかりますよね?

短距離選手・・・筋肉が大きく逆三角形の形

 

長距離選手・・・体脂肪率が低く、細い体の形

 

人間のスタイルを改善するためのポイントは2つ。

 

筋肉が小さくなればエネルギー消費量が少なく太りやすくなる。
筋肉を大きくすればエネルギー消費が増え太りにくくなる。

 

もう、ご理解いただけたと思いますが、男性らしいガッチリとしたたくましい逆三角形の
ボディラインをデザインするには・・・速筋を鍛えるのが最短距離なのです!

 

 しかし、この速筋というは日常生活ではなかなか鍛えることができません。
(毎日職場までダッシュして、休憩中に筋トレすれば話は別ですが・・・)
そこで、速筋を鍛えるテクニックとトレーニングが必要になるのです。

 速筋を鍛えるテクニックとトレーニングが満載

 

スタイルを良くする方法

REBOL PERFECT DIET 理想の体を作る60日間の筋トレダイエット

 

女性はこちら

スタイルを良くする方法
【女性版】REBOL PERFECT DIET